MITTAN -岡崎木綿シャツ & 三重織綿麻シャツ-


MITTANより新作のシャツが入荷しました。

デッドストックの岡崎木綿を使用したシャツからご紹介します。愛知県の三河地方に伝わる伝統的な綿織物で、デザインは「現代の民族服」というブランドのコンセプトにそって考えられています。





構成は洋服のルールに則りながら、極力デザインを削ぎ落とし、機能性に基づいたパターンメイクとしています。具体的には袖山をいせ込み、袖底を高めに設定することで腕周りの運動量を、背中のヨークにタックやギャザーではなく、いせを入れることで背中の運動量を確保しています。襟とカフス部分には補強のステッチを入れています。

カラー違いのホワイトは、補強ステッチが入らないものをセレクトしています。





岡崎木綿を使用することで、プレーンな印象の白シャツに表情をもたせているのがポイントです。お洗濯を繰り返しながら素材の味や変化を楽しめるのも魅力のひとつです。

前立てには生地の耳を使用し、ボタンには厚めの白蝶貝を用いて全て手縫いで付けています。使用している岡崎木綿は正藍型染師の田中昭夫氏が所有していたものになります。



元々は帯用として残されていた生地の機能性に注目し、シャツに仕立ています。旧式のシャトル織機で織られており、手織りのような風合いと、緯糸をゆったりと織ることで生まれるストレッチ性が特徴の生地です。

続いては三重織綿麻シャツをご紹介します。構成は先ほどの岡崎木綿のシャツと同じ極力デザインを削ぎ落とした機能性に基づいたパターンメイクが特徴です。





3重構造の生地が織りなす独特な色味と素材の風合いが特徴のシャツです。スタンドカラーのシャツジャケットのような雰囲気で羽織ることもできます。

こちらのアイテムの最大の特徴とも言える素材について詳しくご紹介します。経糸に綿、緯糸に綿麻の糸を打ち込んだ3重構造の生地を通常通りに縫製し、完成後に接結糸を水で溶かして3枚に分離するようにしています。


表地や裏地が擦り切れた時に初めて中の生地が見える仕様になっています。修繕の当て布から発想された、同ブランドならではの生地使いです。また、一枚一枚の生地の強度は強くはありませんが、生地と生地の間に空気を含むことで、暖かさを兼ね備えていることも特徴です。

素材やデザインなど、様々な工夫が凝らされたMITTANのシャツは、雰囲気よく着こなせるだけではなく、日々、袖を通したくなるような着心地の良さや汎用性の高さも兼ね備えています。ぜひ、お試しください。

< 岡崎木綿シャツ 補強 >
Color : 黒
Material : Cotton-100%

< 岡崎木綿シャツ >
Color : 白
Material : Cotton-100%

< 三重織綿麻シャツ >
Color : 黒がさね
Material : Cotton-80%, Linen-20%

上記商品の詳細と通信販売はこちらのページをご覧ください。

本日の紹介は以上となります。
商品についてご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

< Event Information >
>>> VAGUE WATCH CO. Pop Up Shop


twelve
埼玉県川越市脇田町6-1
TEL:049-225-5622
O/C:平日14:00-21:00
      土日祝日13:00-20:00

Online Shop
Instagram / YouTube
Facebook / Twitter