New Brand -guepard Eye Wear-


guepardのお取り扱いがスタートしました。

ヴィンテージアイウェア専門店の"SPEAKEASY"の山村氏と"Fréquence"の柳原氏によるアイウェアブランドです。アートピースとも呼べる独創性を持つ1940年代から50年代のフランスのヴィンテージアイウェアを再現したコレクションを提案しています。




SPEAKEASYについては、以前にヴィンテージフレームのポップアップを開催させていただいたこともあり、当店のお客様にも馴染み深いかと思います。かく言う私達もヴィンテージフレームに魅了されており、ギュパールの眼鏡もブランド設立時より愛用させていただいておりました。そのような経緯もあり今回取り扱い開始となりました。

入荷商品をモデルごとに詳しくご紹介します。フレンチヴィンテージの完成度の高いデザインに敬意を払い、ディティールや雰囲気は変えず、主にサイズ感をモダンナイズしてアイテムを展開しています。



< gp-02 >
上部を王冠のような直線でデザインしたクラウンパントをベースにしたモデルです。特徴的なデザインですが、レンズの形はボストン型に近く、かけると顔にすっと馴染む合わせやすさもあります。



< gp-05 >
ウエリントン型の通称パリジャンをベースにしたモデルです。3ドットと呼ばれるヒンジ部分のカシメの3点留めは、フレンチヴィンテージの象徴的なディティールといえます。ヴィンテージの要素を忠実に取り入れながらも、日常使いのしやすい落ち着いた雰囲気に仕上げています。



< gp-07 >
40年代のパント型をベースにしたモデルです。ヴィンテージでも高い人気を誇る8mm厚のフレームが特徴です。レンズのサイズバランスがとても良く、重厚感のあるフレームにもかかわらず、さほど重たい印象にはなりません。

当店では下の写真のようなブルーやブラウンのカラーレンズをいれたタイプもご用意しております。実用性だけではなく、ファッションアイテムのひとつとして身につけることができるのが特徴です。カラーはさほど濃くないため、さまざまなコーディネートに合わせることができます。


クリアレンズも含め、全てブランド特注の裏面のみマルチコートを施したフラットレンズを使用しています。マルチコートの技術がなくレンズが反射していた当時の眼鏡の雰囲気を再現しつつ、裏面はかけやすさを考慮して反射を抑えられるよう作られていることが特徴です。


アイウェアとしてフレンチヴィンテージの高いデザイン性を継承しながらも、モダンナイズしたサイズ感や特注のレンズなどで、繊細かつ現代の空気感と合うようにアレンジしたアイテムです。また、フレームは比較的手が届き易いアセテートを使い、ヴィンテージへのファーストステップとしても最適な価格とデザインに仕上がっているため、ヴィンテージがお好きな方からアイウェアをあまり試したことのない方まで、幅広い方々にお勧めできるブランドとなっております。

今回ご紹介したギュパールの商品詳細と通信販売はこちらのページをご覧ください。

また、この度のギュパールの取り扱い開始にあたり、年内30日までの期間限定でSPEAKEASYがセレクトしたヴィンテージフレームの販売を当店にて行います。




ブランドの原点とも言えるフレンチヴィンテージの世界をリアルに感じていただけるとともに、両アイテムを比べながら選ぶこともできるまたとない機会となっており、こちらについては明日のブログにて詳しくご紹介いたします。

本日のブログは以上となります。

商品についてご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。


twelve
埼玉県川越市脇田町6-1
TEL:049-225-5622
O/C:13:00-20:00

Online Shop
Other Blog(Photo Blog)
instagram / facebook / twitter