SUGINARI MORIMOTO -Lace Up Derby Shoes-


SUGINARI MORIMOTOのお取り扱いがスタートしました。

こちらのブランドは、神戸に拠点をおくハンドメイドのシューズメーカーです。普遍的なデザインを追求し、素朴でありながらも、「品」があることを大事にして物作りを行っています。今回の入荷商品はイタリア産のバケッタレザーを使用したダービーシューズです。詳しくご紹介します。




アッパーの素材は、オリーブ色のレザーをベースにして、同ブランドが独自でブレンドした黒の染料で手染めをしています。使い込むと下地のオリーブの色が少しづつ表面にでてきて、黒の染料と混ざった淡い色合いへと変化します。シューレースもレザーと同じ染料で手染めされており、シューズの雰囲気をより一層高めています。

デザインはベーシックなダービーシューズをさらにミニマルに表現すべく、羽根を小さめに設計し、通常よりも前の位置に取り付けることで、履き口を浅くスッキリした印象に仕上げています。また、縫製箇所を減らしてカカトはシームレスで仕立てています。




製法は前足部に「ブラックラピド」を採用し、中足部は木釘を打ち込んで固定する「ウッドネイル」で作られています。ブラックラピドは、縫い合わせが非常に複雑で手間のかかる製法ですが、その分、しなやかで耐久性にも優れているという利点があります。ソールはトリプルソールでしっかりとした見た目の重厚感をもたせると共に、歩行時の地面からの突き上げを緩和させています。



木型は、デザイナー森本氏のビスポークシューズ(注文靴)製作の経験を元に、日本人の足型の特徴を考慮して作られています。足なりを再現した立体的な丸みのあるフォルムを意識し、カカト周りも日本人に合わせた小さめの作りで、ホールド感を高めています。また、つま先を反り上げたローリング効果を施すことにより、歩き易さを追及していることも特徴です。さっそく、私も購入して履いてみましたが、前足部分には適度なゆとりがありながらも、甲とカカトはしっかりとホールドされていて、とても歩き易かったです。




製品として完成した靴にティーフィニッシュ(煮出した紅茶に漬けこむ独自の仕上げレシピ)を施すことにより、色合いに深みが増し、風合いもさらに良いものになっています。こうした靴作りにおける工程の全ては、神戸のアトリエ内で、人の手によって行われています。生きた証である革に敬意を表し、丁寧に手で革の感覚を感じ取りながら作られる靴は、履き心地の良さだけではなく、素材、製法にいたるまで一切妥協がない拘りの一足に仕上がっています。

< Lace Up Derby Shoes >
Color : Black
Material : Vaqueta Leather

上記商品の詳細と通信販売はこちらのページをご覧ください。

本日の紹介は以上となります。
商品についてご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。


twelve
埼玉県川越市脇田町6-1
TEL:049-225-5622
O/C:13:00-20:00

Online Shop
Other Blog(Photo Blog)
instagram / facebook / twitter